トピックス

サンアクアTOTOに西鉄バスが乗入れ

サンアクアTOTOは、現在、肢体不自由者や知的障がい、精神障がい等の障がい者75名の方々が活躍しています。 このうちバスで通勤されている方が約20名おり、最寄りのバス停から、階段や勾配のある経路を徒歩で15分ほどかけて通勤していました。 この度、福岡県および北九州市と連携、西鉄バス北九州の協力もあり、構内に「サンアクアTOTO」バス停が新設され、 5月18日より朝の出勤時間に合わせ、路線バス2路線2便が乗入れることになりました。

当日朝は、サンアクアTOTO社員が『西鉄バスさんありがとう』と書いた紙を持ち、笑顔と拍手でバスをお出迎え、 運転手の方には花束を渡し、社員みんなで運行開始を喜び合いました。 この様子は西日本新聞の翌日の朝刊に写真入で大きく紹介されました。 サンアクアTOTOは重度障がい者多数雇用企業としてノーマライゼーションの理念に基づき、 障がいのある人もそうでない人も共に働き、地域と共に発展・繁栄していく企業を目指しております。
今後、さらに障がい者雇用を拡大していきたいと思います。





2015年5月22日