トピックス

トヨタ自動車九州株式会社 労働組合メンバー来社

辻職場委員長様他総勢12名の組合メンバーによるダイバーシティ研修として、弊社への見学来社をされました。
研修の目的と狙いを伺い、非常に感銘をしました。
研修の発端は、「職場を良くする為に自分たちで何が出来るか」を問い。
そのために「女性及び障がい者雇用の先進会社への工場見学を行い、現地・現物で職場の課題や改善点を肌で感じ、 自職場へ展開する」との強い思いを皆さんが持たれ、熱心に工場見学と質問をされていました。
私達の活動として特例子会社設立を訴えていますが、特例子会社を設立するのではなく、 広く一般企業・職場で障がい者が普通に働ければと言われていました。
私達としても同感です。そのためにも、多くの特例子会社が設立されることで障がい者雇用が一般企業に早く広がる との思いを募らせながら、良い意見交換の場とすることが出来ました。

トヨタ自動車九州労働組合の皆さんお疲れ様でした。

2011年2月7日